禁煙治療とは

禁煙のイメージ

喫煙は病気や死亡の原因の中で取り除くことのできる単一で最大のものであり、一方、禁煙は最も確実にかつ短期的に大量の重篤な病気や死亡を劇的に減らすことのできる方法です。禁煙の推進により、喫煙者並びに非喫煙者双方の健康維持と保険医療財政の節約が可能となります。喫煙習慣の本質は「ニコチン依存症」という病気です。本人の意思の力だけで長期間の禁煙が出来る喫煙者はごくわずかです。欧米ではニコチン依存症を「再発しやすいが、繰り返し治療することにより完治しうる慢性疾患」と捉え、いち早く禁煙治療を保険医療として行っています。

禁煙治療の保険適応

わが国ではこれまで禁煙治療が自費で行われてきましたが、新たに「ニコチン依存症管理料」が新設され、2006年度より禁煙治療に対する保険医療が開始されました。禁煙治療の保険適応の対象は以下の条件を満たす「ニコチン依存症」の方です。

  • 直ちに禁煙しようと考えていること。
  • ニコチン依存症のスクリーニングテスト「Tobbacco Dependence Screener:TDS」が5点以上であること。(このスクリーニングテストは初回来院時に受付けで実施させて頂きます)
  • ブリンクマン指数(1日の喫煙本数xこれまでの喫煙年数)が200以上であること。(2016年4月より35歳未満には上記要件はなくなりました)
  • 禁煙治療を受けることを同意していること。
  • 前回治療の初回診療日から1年経過していること。(再治療の場合)

次いで禁煙補助薬の選択になります。禁煙補助薬には飲み薬である「チャンピックス(バレニクリン)」とニコチン製剤である貼り薬の「ニコチネルTTS」とがあります。

  • チャンピックスはタバコによる満足感を弱めることで禁煙に導く飲み薬です。投与期間は12週間となっています。チャンピックスを用いると、禁煙時の離脱症状のみならず、再喫煙時の満足感も抑制され、禁煙率は約3倍高まります。
  • ニコチネルTTSはニコチンを補充することで禁煙の継続を補助する貼り薬です。標準的な使用期間は初回から8週間であり、ニコチネルTTSの使用により、禁煙率が約2倍高まります。またニコチネルTTSの使用期間中はニコチン離脱症状としての食欲亢進を抑制する効果もあり、禁煙後の体重増加の抑制が期待できます。
  • 禁煙達成率はチャンピックスがニコチネルTTSの約1.5倍と高いため、より成功率の高いチャンピックスでまず治療を開始することをお勧めします。チャンピックスによる吐き気・倦怠感等の副作用で内服の継続が困難な場合は、治療途中で不快な副作用が少なく使い続けやすいニコチネルTTSへ切り替えることもできます。
診療科目
呼吸器内科・内科・外科
TEL
0422-21-6251
住所
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2丁目14-5 SAURUS吉祥寺2F
最寄駅
吉祥寺駅徒歩6分
休診日:日曜、祝日
木曜:訪問診療及び往診のみ(通常診療は休診です)
診療時間 日・祝
8:45 - 13:00
15:00 - 18:00
連携医療機関