大人向けに予防接種を行います


予防接種のイメージ

当院では、主に大人向けにインフルエンザワクチン、および肺炎球菌ワクチンの接種を、それぞれ行っております。

※インフルエンザ・肺炎球菌ワクチン以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

予防接種とは

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することによって免疫をつけ、特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むように行われます。ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりしてつくられます。これを注入することによって、体内に抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくらせ、当該感染症に罹りにくくし、また重症化を防ぎます。ほかに、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。予防接種は「自分のため、そして周りのみんなのため」に受けるのです。

インフルエンザワクチン

武蔵野市・三鷹市・杉並区・練馬区・小金井市・西東京市在住で65歳以上の方 0円(自己負担なし)
生後6ヶ月以上65歳未満の方 2,500円(税込)

*13歳未満の方には原則として2回接種をおすすめ致します。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症で、このウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同様に、喉の痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。お子様では痙攣や中耳炎、稀には急性脳症を、高齢者や基礎疾患をもつ方では肺炎を併発するなど、時に重症化するケースがあります。

インフルエンザの予防

インフルエンザの感染予防には、「マスクの着用」「手洗いの励行」「適度な湿度の保持」「十分な休養」「バランスのとれた栄養摂取」がポイントです。もう一つ、インフルエンザを予防する有効な手段に、流行前のワクチン接種があります。インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプがはやるので、その変化に対抗するために、予防接種も毎年行う必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期

インフルエンザワクチンは接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続しますので、日本でインフルエンザが流行するのが例年1月上旬~3月上旬であることを考えると、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいでしょう。

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは

肺炎とは、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こした状態です。呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合や、病気やストレスなどのために免疫力が落ちている時など、つまり感染力が防御力を上回った際に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染し、肺炎になってしまうのです。がん、心臓病に続いて、肺炎は日本人の死亡原因の第3位を占めています。高齢者*や基礎疾患を持っている方などは肺炎にかかりやすく、しかも治りにくい傾向がありますので、特に注意を要します。

*肺炎で亡くなる方の95%くらいが65歳以上です。

肺炎球菌ワクチンの接種で予防

肺炎を予防するためにできることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(※すべての肺炎を予防できるわけではありませんので、ワクチンを接種したからといっても、うがい・手洗い・口腔衛生など日常生活上の予防対策は怠らないでください)。

ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)について

対象 65歳以上
接種間隔 5年毎
価格(税込) 5,000円(武蔵野市及び三鷹市在住の65歳以上の方で費用助成利用の場合)
7,700円(一般の方)

ニューモバックスNPは、90種類以上ある肺炎球菌の中でも特に病原性の高い23種類に対する免疫をつけるワクチンで、肺炎球菌を原因とする肺炎のうちの約8割に効果があると言われています(肺炎の発症にまつわる原因は多種多様であるため、全ての肺炎を予防できるものではありません)。

ニューモバックスNPの効果を示すデータとしては、インフルエンザワクチンとの併用で、高齢者(75歳以上)での肺炎罹患率が59.1%減少し、また肺炎入院率が57.3%減少した、という報告があります。その他にも、糖尿病患者や慢性心疾患患者についての肺炎球菌感染症リスクの減少、COPD患者についての感染性憎悪の減少などの効果が、それぞれ認められています。1回の接種により抗体価(抗原に対して産生された抗体の量)は上昇し、接種5年後も十分な抗体価が持続します。

つまり、ニューモバックスNPによる肺炎予防効果は約5年間、期待できるのです(初回接種から5年を経過した場合には、再接種が推奨されています)。ニューモバックスNPの接種率は米国の約60%と比較して、日本では18%(2013年時点)と、先進国では低い水準にありました。わが国における接種率の向上を目指して2014年10月より定期接種化されたわけです。

プレベナー13(13価肺炎球菌結合型ワクチン)について

対象 65歳以上
接種間隔 1回のみ
価格(税込) 11,000円

プレベナー13は、13種類の肺炎球菌に対して予防効果のあるワクチンで、2009年12月に欧州で、2010年2月には米国において、乳幼児への適応が承認されました。以来、世界120ヶ国以上で承認され、米国、英国、ドイツ、フランスを含む83ヶ国において定期接種ワクチンとして導入されています。日本では、2013年に乳幼児に対する肺炎球菌感染症を予防するワクチンとして定期接種化されました。その後、免疫力の低下した高齢者にも、その優れた免疫反応によって肺炎球菌による感染症を予防する効果が認められたため、2014年6月より、65歳以上のご高齢の方への接種が可能となりました(任意接種)。

プレベナー13は、肺炎球菌(血清型1、3、4、5、6A、6B、7F、9V、14、18C、19A、19Fおよび23F)の多糖体にキャリアタンパク(ワクチンの抗原性を高めるために利用されるタンパク質)を結合させたワクチンで、T細胞というリンパ球を介した免疫応答を惹起します。この作用により、免疫機能の未発達な乳幼児や免疫力の低下したご高齢者にも優れた免疫応答を引き起こし、従来のワクチンでは効果が得られなかった肺炎球菌の鼻や咽頭粘膜への定着を阻害し、これによって上気道炎や中耳炎、副鼻腔炎などの発症を予防する効果が認められています。

また、免疫記憶効果があるので、ワクチン接種の繰り返しによるブースター効果、つまり再度の接種によって、体内で1度作られた免疫機能がさらに高まる効果が得られます。現在、成人については前述のニューモバックスNPのみが定期接種として認められていますが、このプレベナー13についても、定期接種化に向けた評価が速やかに進むことが期待されています。

2種類の肺炎球菌ワクチンの併用接種

ニューモバックス及びプレベナー13は肺炎球菌ワクチンとしての血清型カバー率が異なります。両者を併用接種することで血清型カバー率を拡大、つまり肺炎球菌に対する守備範囲を拡大することが出来ます。わが国ではニューモバックスは65歳以上の成人を対象に定期接種が行われていますので、両者の併用接種を希望される方は、まずニューモバックスを接種して1年以上の間隔を空けてプレベナー13を接種することを推奨いたします。

インフルエンザワクチンの併用接種

インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことは、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎の予防には、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種が奨められる人

  • 65歳以上の方
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性の持病をお持ちの方(COPD等の呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変等の慢性肝疾患など)
  • そのほか(病気や免疫抑制療法のため感染症に罹りやすい状態にある方、脾臓摘出などによる脾臓機能不全のある方など)

*日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」(2007年)/「医療・介護関連肺炎診療ガイドライン」(2011年)より

※高齢者を対象とした成人用肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく「定期接種」です(定期接種の対象となる方は、生年月日により毎年異なります)。対象期間内に、市区町村の契約医療機関や保健所で接種を受けると、「公費助成」が受けられます。詳しくは、お住まいの市区町村にご確認ください。

帯状疱疹とは?

帯状疱疹は、多くの人が子供のときに感染する水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体内(神経節)に潜伏し、加齢などによる免疫力の低下により発症します。特に50歳代から発症率が高くなり、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症すると言われています。発症すると、皮膚の症状だけでなく、神経にも炎症を起こし痛みがあらわれます。神経の損傷がひどいと皮膚症状が治った後も、痛みが続くことがあります(帯状疱疹後神経痛)。日本人成人の90%以上はこのウイルスが体内に潜伏していて、帯状疱疹を発症する可能性があります。

2種類の帯状疱疹予防ワクチンについて

水痘弱毒生ワクチン シングリックス
メーカー 阪大微生物病研究会(ビケン・日本) グラクソ・スミスクライン(米国)
対 象 50歳以上 50歳以上
種 類 乾燥弱毒生ワクチン サブユニットワクチン
価格(税込) 6,600円 22,000円
接種方法 皮下注射 筋肉内注射
接種回数 1回 2回(2ヶ月あける・遅くとも6ヶ月後まで接種)

帯状疱疹の発症予防に使用されているワクチンは2種類あり、2016年3月に日本で最初に認可されたのが乾燥弱毒生水痘ワクチン(阪大微生物病研究会:ビケン)、および2020年1月から日本国内での発売が承認された世界初の帯状疱疹サブユニットワクチンであるシングリックス(グラクソ・スミスクライン)です。まず生水痘ワクチンについてですが、生ワクチンのため免疫抑制剤を使用中の方やがんの化学療法で免疫力が低下しているような方は禁忌とされています。一方でシングリックスですが、遺伝子組換えVZV糖タンパクEを抗原とし、アジュバントシステムを追加することで細胞性免疫の賦活効果を高めたサブユニットワクチンで、生ワクチンではないため免疫抑制状態の方にも接種できます。
帯状疱疹発症阻止効果については、ビケンの生ワクチンとほぼ同じ組成のZOSTAVAX群において、帯状疱疹の発症が51.3%、帯状疱疹後神経痛が66.5%、重症度が61.1%抑制されたと報告されています。一方、シングリックスは50歳以上(ZOE-50)で97.2%、70歳以上(ZOE-70)で89.8%、この2つの試験を併せた70歳以上の被験者の解析では91.3%、さらに帯状疱疹後神経痛に対する有効性は88.8%と生ワクチンに比し驚異的な予防効果を示しています。
しかし、シングリックスはアジュバント入りのワクチンであるため、局所の疼痛腫脹・筋肉痛・倦怠感・頭痛・発熱などの副反応が約30-40%と高頻度で認められますが、生ワクチンでは倦怠感・発疹といった全身性の副反応の頻度は1-2%程度と低く押さえられています。
また、生ワクチンは帯状疱疹の発症予防効果が50%程度とはいえ、細胞性免疫も賦活化するため、発症しても症状を軽く抑えられる可能性が高いと考えられています。シングリックスは2回接種が必要で接種費用も4万円以上となり、生ワクチンの接種費用の6倍以上かかる点も接種の際には問題となります。2種類のワクチンのメリットやデメリット、つまり、「2回接種で接種費用はかかるが高い予防効果を求めるか」または「1回接種で安価で副反応が少ないワクチンを求めるか」をよく考えてワクチンを選択することが大切になります。
当院では患者様のご要望に応じられるように、2種類の帯状疱疹予防ワクチンの接種が可能となっていますので、接種を希望される場合は予め電話等によるワクチンのご予約をお願い致します。

診療科目
呼吸器内科・内科・外科
TEL
0422-21-6251
住所
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2丁目14-5 SAURUS吉祥寺2F
最寄駅
吉祥寺駅徒歩6分
休診日:日曜、祝日
木曜:訪問診療及び往診のみ(通常診療は休診です)
診療時間 日・祝
8:45 - 13:00
15:00 - 18:00
連携医療機関
TOP